top of page

真実を知ることより自分の信じたいことを探すなら、YESが出るまで引き続けるタロットをしてるんだよ。

【エナジーバンパイア】相手はいい人なのに疲れる原因は悪者になりたくない自分


バンクシー アメリカ 絵になる町 ドラマティック 壁画 インダストリー レトロ ノスタルジー フォトジェニック エナジーバンパイア ヴィンテージ

※画像:壁画・バンクシー・アメリカ/ライセンス:DMCA/出典:Wallpaperbetter





パラドックス(逆説)



エナジーバンパイアみたいな話は、どの記事も相手の特徴を書いてるものが多いのですが、それを私は逆の視点で書いてみます。



ダメンズに出会う自分を嘆くより、ダメンズに出会わない人は何が違うのか?という視点を持つということですね。



こうして逆に考えることは、嫌なことを繰り返さないためにも、とても重要なことだと思います。



 

エナジーバンパイア



結論から言うと、いい人なのに疲れる人は、エナジーバンパイアな人です。



いいエネルギーを与えているつもりで、実はあなたから「いいエネルギー」を奪っている人をエナジーバンパイアといいます。




(無意識下に別の魂胆を持った)共感力の高い人。


あなたのことをわかってくれる「いい人」



この2点は、特に見分けるポイントになると思います。



で、いい人と思うからには、何かしてもらってるからこそ、恩を着るわけですね?



だから、何かお返しに「いいことをしなきゃ」と思います。



でも、「ありがとう!」でいいわけですよ。



素直にもらっとけば、相手にバンパイアの要素があっても、それ以上入ってこれないからです。



お返しをしなければならないと思うと、結構な確率でバンパイア的な人に出会います。



だからありがとうだけでいいんです。



この「ありがとう」は、礼儀の部分です。



それに「したい!」と、「しなければならない」は、結果が真逆になります。



お返しをしたいなら、返しっぱなしでいいし、しなければならないと思ってしまうと今度は、自分が相手の反応を気にするようになります。



反応がないと嫌悪感に変化したりします。



結局、こういう人は、お礼がしたいんじゃなくて、「見返りを求める自分」に原因があるんですね。



それも悪い意味じゃなくて、相手に気に入られたいからこそです。



つまり、気を遣って疲れる原因は、ピュアにそれをやりたくてやってるわけじゃないということです。



それをやる目的はなに?って、やる前に自問すると、相手から見えない自分だけの答えが見つかります。



この件だけじゃなくてもです。



相手が心地よく過ごせるように。


相手が楽できるように。



と気を遣ってるつもりが、本当の自分はそうじゃない。


それが「疲れ」という現象になって出てきます。



やりたいことをしている時は、どんなに大変でも、精神的な疲れは出てこないはずです。



夢中で取り組んでいることに、肉体的疲れはあっても精神的疲れはないからです。



自分が好かれたい。


自分が怒られたくない。


気の利かない人だと思われたくない。



そう思って気を遣うから疲れるんですね。



相手のことを思う自分は、実は悪者になりたくないというエゴ。


エナジーバンパイアの人は、悪者になりたくない人が大好きです。


悪者になりたくない人にとってのいい人でいられるから。




いい人に思われたいからいいことをするエナジーバンパイアに、いいことをしてもらう「悪く思われたくない人」は、悪く思われたくないからいいことをする。




この出会いは、お互いが本当にほしいものを間違えています。


エナジーバンパイアと、悪く思われたくない人は類友です。


だからよく出会います。



私の場合も疲労感がマックスでした。


でも、悪く思われたくないから言えなかったのです。







相手が私にいい人に思われて何がほしいの?


相手に私が悪い人に思われないことで何がほしいの?


私はずっと自問を繰り返していました。



好きな人から「疲れ」をもらっているなら、本当にほしいものが手に入っていないということですよね。



 

消費と浪費



で、どうして疲れるのか?



ありのままの自分では愛されない。


怒られる、気が利かない。


そんな自分じゃイヤ!!


と思っているからです。



エネルギーの消費じゃなくて、浪費癖のある人は注意です。



エネルギーの浪費は、疲弊といいます。



力を外に出しているんじゃなくて、内側に出してる(力んでる)と疲れますよね。



動きながらブレーキを踏んでる状態が「浪費=疲弊」です。



ありのままの(醜い)自分を否定していると、相手を否定したくなることが普通に起きるんですね。



相手に優しくしたいなら、やりっぱなしでいいし、しなければならないなら、最初からやめておいたほうがいいのです。



身のためだし、時間の無駄ですから。



自称「見える人」って、他人が見えても自分が見えていないし、あなたのことを判断できるのは、あなた以外いません。



相手の「見えるもの」を信じて振り回されると疲れますね。



自称「見える人」ほどエナジーバンパイアの人が多い傾向があります。



これは共通した特徴だと思います。



売れている占い師さんは、みんな「見えない」と言いますし、言葉を鵜呑みにすると、憑いてると言われるだけで、弱ってる人は信じてしまうのです。



それが、依存の入口です。



自分が相手にどう見られるかを気にするのは、「どう見られるのが恐いのか?」の答えの中にトラウマの原因が見えると思います。



他人の言動に過敏になるのは、過去の古傷のせいですからね。


山本真弓

コメント


bottom of page